上半身モードで利用する

​バーチャルモーションキャプチャーと連携してアバターを動かす方法を説明いたします。

上半身モードの設定を行う

1.上半身のみで使用にチェックを入れます

2.追加センサがペアリング済みの場合は「追加センサを有効にする」にチェックを入れてください

3.  適用を押します

VMCProtocolの設定を行う

  1. VMCProtocolでトラッカー情報を送信するにチェックを入れます

  2. ポートをバーチャルモーションキャプチャーと合わせます

  3. 適用を押します

トラッカー割り当てを設定する

  1. 画像のように「Uni_部位」の名前のトラッカーを選択します。残った部位は全て「割り当てしない(自動検出)」を選択します。

  2. ​手のトラッカーのオフセットはすべて0に設定します。

Uni-studioでキャリブレーションを行う

1.胸のセンサー(1)を頭に、腰のセンサー(2)を胸に、太もものセンサー(3)(5)を上腕、すねのセンサー(4)(6)を下腕に取り付けます。腕用の専用ベルトが無いため、二週巻きつけるなど工夫が必要となります。

2.キャリブレーションボタンを押し、ダイアログに従ってキャリブレーションを完了させてください。

​バーチャルモーションキャプチャーでキャリブレーションを完了させる

1.バーチャルモーションキャプチャーのコントロールパネルから「キャリブレーション」を押します。

2.MR合成モードが選択されていることを確認してキャリブレーションを実行します。

​以上で完了となります。