Uni-studioマニュアル

ここでは、Uni-studioの利用方法を説明いたします。

起動画面

※Uni-studioを起動する前にSteamVRを起動してください。

画面右にあるステータスモデルの頭と両手が光っていればHMDとコントローラーの認識に成功しています。

コントローラーが非アクティブの状態ではコントローラーの球体は表示されませんが、Uni-studioの動作に大きな影響は与えません。

Uni-stationの接続

右上のドロップダウンよりUni-stationが接続されているCOMポートを選択します。

COMポートの番号はお使いの環境によって異なります。

​接続アイコンが緑色になれば接続は完了です。

Uni-sensorの接続

Uni-sensorの電源を入れると自動的に接続が始まります。ステータスモデルの各部位が緑色になれば接続完了です。

設定画面

右下の歯車アイコンを押すことで設定画面を出すことができます。

tracker_settings.png
  • 6点トラッキングを有効にする

    • ​この設定を有効にすると胸と膝の仮想トラッカーの情報が送信されます。

    • VRChatなどの膝トラッカーに対応していないアプリケーションで使用する場合、正しくトラッカーが認識されないなどの問題が発生する場合がありますので、基本的に無効にしておくことをおすすめします。

  • ​腰に胸の回転情報を送信する

    • ​この設定を有効にすると腰の仮想トラッカー回転情報が、胸の仮想トラッカーの回転に置き換わります。

    • 腰をひねるような動きはできなくなりますが、ゲーム内で座ったりしたときに姿勢の再現度が上がる場合があります。

    • ​ケース・バイ・ケースで切り替えてください。

  • ​VMCProtocolでトラッカー情報を送信する

    • この設定をオンにするとSteamVRにはトラッカー情報が送信されなくなります。​

    • ​バーチャルモーションキャプチャーなどのトラッカーに対応したアプリケーションの飲み有効です。

calibration_settings1.png
  • オーバーレイキャリブレーションを有効にする

    • ​この設定を有効にするとゲームを中断せずにキャリブレーションを行う事ができます。

    • ゲームをプレイ中でなくとも呼び出すことが可能です(例:SteamVR Home)

    • 呼び出し方法は二種類から選べます

    • 呼び出し時にコントローラーを地面に垂直に向ける必要があります(1.0.9より)

  • ​寝キャリブレーションを有効にする

    • コントローラーを天井に対して垂直にした状態でオーバーレイキャリブレーションを呼び出すと実行されます。キャリブレーション時は、仰向けになって胴体と足をまっすぐにし、つま先を天井に向けてください。

    • 事前に、最低一回は詳細キャリブレーションまたは簡易キャリブレーションを実行しておく必要があります。

  • ​詳細キャリブレーションを使う

    • 2ステップ踏むことでより正確にキャリブレーションを行うことができます。

  • 胸のセンサーはHMD基準で後ろを向いている

    • ​この設定は通常キャリブレーションのときのみシステムから参照されます。

    • チェックが外れている場合は前を向いていることになります。

    • ​この設定はキャリブレーションの途中でも変更できます。

  • SteamVR設定

    • ここではUni-motionのSteamVRドライバーのインストールとアンインストールができます。通常はこの設定をいじることはありません。

  • 上空視点

    • 画面左下にある上空視点を表示・非表示を切り替えられます。

  • 起動時に警告を表示しない

    • 初回起動時に出てくる警告表示をオフにできます​

  • ​カメラを反転する

    • この設定を有効にすると左右が反転します。画面に向かったときに鏡のようになります​

  • 床埋まり防止を有効にする

    • 体が床に埋まることを防ぐ設定です​

    • スライダーでどのくらいまで埋まっていいかの許容値(単位:m)を設定できます

v 1.0.4 betaからの機能

  • HMDの代わりにVIVEトラッカーを使う

    • ​トラッカーを使える状態にしておくとトラッカー一覧にシリアル番号が表示されます。

    • 通常はVIVEトラッカーを額あたりに取り付けます

    • 後頭部につけたい場合は「後頭部に装着」を有効にしてください

    • 「後頭部に装着」を有効にした状態で、額に装着して使用することはできません。

    • バーチャルモーションキャプチャーと連携する場合は、バーチャルモーションキャプチャーの頭のトラッカーの割当を「Uni-sensor-8」にしてください。

※OculusのHMDをご使用の方は「OpenVR Space Calibrator」を導入し、Space Calibrationを行ってください。